野菜が体に良い・・。そんな事は言わずもがなの事実ですよね。

けれど忙しい生活の中で、毎日必要な栄養を摂るのは難しいと感じている人は少なくないでしょう。
また、いざ野菜を摂ろうと思っても、1日に必要な野菜の分量とは一体どれぐらいなのか、どれ程摂取すれば健康に効果が現れるのかなんて把握しにくいですよね。

そんな野菜不足な私達の救世主こそが「飲みごたえ野菜青汁」!
CMでも話題の青汁ですが、たくさんの野菜が一気に摂れる健康飲料であれば、忙しい生活の中でも規則正しく野菜が摂れますよ。

青汁は今や子どもからご年配まで、またダイエットや美容にもその効果を求められている時代です。

今回は、「飲みごたえ野菜青汁」の効果や成分、また、人気の秘密やおすすめの飲み方まで、幅広い項目に着眼して情報をまとめてみました。

このページを読めば、「飲みごたえ野菜青汁」の効果や効能はおろか、青汁を飲む際の注意点、更に美容やダイエットとの関りについてもご理解いただけるかと思います。
ぜひ毎日の健康促進に役立ててみて下さい。

目次

1.飲みごたえ野菜青汁の口コミまとめ
 1.1飲みやすさについて
 1.2プラスの意見まとめ
 1.3マイナスの意見まとめ
2.話題の「飲みごたえ野菜青汁」って何?
 2.1飲みごたえ野菜青汁の評価が高いわけ
 2.2青汁が体に与える効果について
 2.3どこで購入できるの?
3.飲みごたえ野菜青汁の気になる成分について
 3.1「まごわやさしい」で一日の栄養を網羅
 3.2食物繊維とビタミンが豊富!
 3.3女性に嬉しい成分入り!?
4.飲みごたえ野菜青汁と他の青汁
 4.1野菜丸ごと入りの青汁
 4.2甘くて飲みやすい青汁なんてあり?
 4.3コストパフォーマンスの良さ
5.飲みごたえ野菜青汁はこんな人におススメ
 5.1野菜嫌いの子どもや年配の方に
 5.2妊娠中の女性には強い味方
 5.3不規則な生活の栄養補給は青汁で!
6.飲む際の注意点について
 6.1青汁の副作用について
 6.2アレルギーのある人は注意!
 6.3青汁を飲むタイミングって?
7.青汁は美容やダイエットに効く?
 7.1肌荒れに効果あり!?
 7.2便通改善に効果的
 7.3ダイエットにも効くの?
8.まとめ
 8.1青汁療法って一体何?
 8.2おすすめの飲み方とは?
 8.3だから飲みごたえ野菜青汁は選ばれている

1.飲みごたえ野菜青汁の口コミまとめ

1.1飲みやすさについて

不足しがちな野菜をどのように補っていますか?野菜不足解消に青汁って凄く効果的なんです。

「青汁って凄く苦いんじゃないの?」
「青汁って若い人が飲んでるイメージが無い・・」
そんな意見は確かに多いです。しかし、一日に必要な野菜栄養素がぎゅっと詰まった青汁を飲めば、野菜不足も、野菜不足から生じる様々な問題も解決できるのです。

そう考えると、青汁って魅力的だと思いませんか?
今回紹介する飲みごたえ野菜青汁ならば、一日たった1包~2包を溶かして飲むだけで十分な野菜を摂取できます。

青汁と聞いて多くの人が不安視するのが、その飲みやすさでしょう。

青汁は毎日飲み続けなければ意味がありませんし、長く愛飲してこそ効果が現れるものです。
飲みごたえ野菜青汁は成分が豊富な上に、ほのかに甘く、特有の青臭さも無い事でも評価の高い青汁です。
もちろん医薬品ではなく健康飲料ですので、その評価や効果の良し悪しは人によって異なります。
以下に良い点と悪い点の口コミをまとめてみましたので、ご参考下さい。

1.2プラスの意見まとめ

飲みごたえ野菜青汁の口コミでは、

「飲みやすくて、ほんのり甘い」
「家族全員が使っていて、リピート率が高い」
「子どももジュース感覚で飲める」

といった、飲みやすさに関してのプラス意見が多く集まっているようです。
また「長年便秘に悩んでいたけれど、飲みごたえ野菜青汁で解消した」という意見や、「肌の調子も良くなった気がする」といった、美容に関する意見も多くみられます。

大体どこのサイトでも平均評価が高いので、皆さん比較的満足しているのではないかという印象を受けます。

1.3マイナスの意見まとめ

プラス評価があればマイナスの評価もいくつか見られます。

例えば「粉っぽくて飲みにくい」という意見が割合多いようですね。
「スプーンで混ぜるだけでは粉っぽさは解消されないので、シェーカーを使ってかなり混ぜないといけない」といった、舌触りに関するマイナス意見もあります。
また「味が薄い」という意見もありますし、「甘くて飲みやすくはあったけれど、効果が現れたという実感は無い」という意見も見られました。

味覚や効果の現れは人によって大きく違います。
プラス評価だけを鵜呑みにするのではなく、マイナスの意見も事前に参考として取り入れていると、購入後のトラブルも減るかと思われます。

2.話題の「飲みごたえ野菜青汁」って何?

2.1飲みごたえ野菜青汁の評価が高いわけ

青汁

数ある青汁の中でも評価の高い「飲みごたえ野菜青汁」ですが、高評価のわけとは一体何でしょうか。

まずは、飲みやすいという点。飲みやすさについては口コミでも多数の人が評価をしている点です。
ほんのりとした甘さは、黒糖や抹茶、きな粉や米粉といった自然由来の甘味を配合している事に因ります。
ジュース感覚で飲んでしまえる青汁であれば、長く続けていけそうですよね。

更に、30品目の野菜が、素材丸ごと入っている事も評価の高い点でしょう。
緑黄色野菜や淡色野菜に加え、選び抜かれた伝統日本食素材が入っており、日常の生活ではここまで栄養価の高い食生活は送れません。
日本人の健康に即した優しいつくりとなっているようです。

また、青汁では見落としがちな美容成分へのこだわりが、飲みごたえ野菜青汁の評価を更に上げているとも言えます。
青汁はどうしても健康飲料というイメージから抜けきれない為、従来の青汁いおいては、飲む世代や性別を限定していた節があります。

しかし飲みごたえ野菜青汁であれば、若い女性や子どもまで、幅広い世代から支持を受ける要素を持ち合わせているようです。

2.2青汁が体に与える効果について

青汁が体に与える効果は様々。
日常で摂る栄養は、どうしても限定してきてしまいがちですが、青汁には様々な栄養分がバランス良く詰まっているので、毎日の健康維持には最適です。

更に青汁には、血糖値やコレステロール値を下げてくれるという効果も期待されています。野菜の摂取は生活習慣病や、ひいてはがん対策にも効果的である事が近年分かってきました。

また、「野菜なら摂っているから大丈夫!」という人であっても、青汁は価値あり!

たとえば、普段の食生活において、私達は栄養選びよりも、手軽に食べられる物を重視して食品を選びがちですよね。
野菜やミネラルは摂れていると思っていても、実は偏りがちだったりするのが現状なのです。

食べ物は体のあらゆる器官を経て、最終的には腸に辿り着きます。
腸は「第二の脳」とも呼ばれる程、あらゆる器官の中でも重要な働きを示してくれますが、その腸内環境を整え、便の排出を促してくれる、無くてはならない存在が食物繊維です。

繊維質な物を食品からたくさん摂取するのは中々難しいものですが、飲料である青汁ならば、繊維質も十分な量を簡単に摂れそうです。

2.3どこで購入できるの?

飲みごたえ野菜青汁はエバーライフの公式サイトから購入が可能です。

内容は30包入りと60包入りの2パターンがあり、料金はそれぞれ、3,240円(30包入り)と6,150円(60包入り)です。

通常価格では上記の値段ですが、定期コースを選択するならば値段は下がり、2,910円(30包入り)と、5,530円(60包入り)となります。
電話での注文も可能のようですが、詳しくはエバーライフの公式HPをご覧下さい。

また、楽天やAmazonといった通販サイトからでも購入は可能です。
送料に関しても無料であったり、キャンペーンで安く購入出来る事もありますので、こうした通販サイトを定期的に検索してみるのもおすすめです。

ただし他の通販サイトでは在庫切れになっているケースも多々ありますので、いつでも直ぐに購入したいという人には、公式サイトからの購入が一番便利かと思います。

3.飲みごたえ野菜青汁の気になる成分について

3.1「まごわやさしい」で一日の栄養を網羅

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

健康食品のサイトやCMで、「まごわやさしい」というフレーズを見たり聞きませんか?
実はこれ、健康を促進してくれる伝統的な日本食材の頭文字を意味しているのです。

「ま」は、豆類。豆類は良質なたんぱく質やミネラルが豊富です。
納豆や豆腐といった食材は、昔から日本人の活力の元となってきました。

「ご」はごま。ごまは脂質を多く含んでおり、コレステロール値を下げてくれる効果が期待出来ます。
最近ではアーモンドやピーナッツといったナッツ類が、ダイエットや健康食としてブームにもなりましたよね。

「わ」はわかめや海藻類。海藻類はミネラルやカルシウムが豊富ですので、新陳代謝を上げ、老化予防にも繋がります。

「や」は野菜類。ビタミンや食物繊維の豊富な野菜は、健康維持には欠かせない食材です。

「さ」は魚。近年では魚食離れが進み、特に若者を中心に肉食ばかりになっている傾向が顕著ですが、DHAやタウリンといった栄養素が豊富な魚は、血液をさらさらにし、体内中の疲労物質を減らしてくれる効果があります。

「し」は、しいたけ等の茸類。
茸は食物繊維が豊富で腸内環境を整えるのに役立ち、またミネラルが豊富である他にも、ロウカロリーで、ダイエットには最適な食材です。

「い」はイモ類。イモはビタミンCやカリウムが豊富に含まれている為、実は美容に適した食材なんだとか。

これら「まごわやさしい」の食材たちが、日本人の身体をずっと支えてくれているのです。
飲みごたえ野菜青汁には、この「まごはやさしい」が全て含まれているのだそう。魚や茸類まで入った青汁なんて、効果が出そうですね。

3.2食物繊維とビタミンが豊富

飲みごたえ野菜青汁に入っている食材はとにかく種類が豊富な事で有名です。

入っている野菜の数が10種類以下という青汁商品も少なくない中で、30品目の食材が使われているのは中々珍しい事のようです。
特に野菜の数だけでも15品目以上が含まれており、野菜不足の人には最適。

野菜の成分は種類によって様々ですが、主な栄養素として挙げられるのが食物繊維とビタミンではないでしょうか。

食物繊維は便秘解消に役立ち、腸内環境を整え、高血圧予防や糖尿病予防にまで効果を発揮してくれます。
その摂取推奨量は一日20~25gであるとされていますが、日本人の平均摂取量は一日15g程度にとどまっているのが現状です。もっと食物繊維を取らなくてはいけないようですね。

一方、多くの野菜に含まれているビタミンですが、その効果はビタミンの種類によって多岐に渡ります。
例えばビタミンAは免疫力を上げてくれる働きをしますし、ビタミンDはカルシウムの働きを助け、骨を丈夫にしてくれます。

抗酸化作用のあるビタミンEは身体の酸化を防いでくれるビタミンです。
血中のコレステロールの酸化を防ぎ、血管の衰えを防いでくれる作用を持っています。
人間には無くてはならない栄養素である事が分かりますね。

3.3女性に嬉しい成分入り!?

gatag-00006901

飲みごたえ野菜青汁は他に、女性にとって嬉しい成分もたくさん入っています。
それは熊笹とローヤルゼリー、そしてヒアルロン酸。

熊笹は、ベータカロチンやビタミンEの他に、鉄分も豊富な植物です。
貧血は多くの女性が悩んでいる悩みの一つですが、熊笹はプルーンの100.5倍もの鉄分が含まれているというから驚きです。

また、蜂の体内から合成されるローヤルゼリーは、滋養強壮やアンチエイジングの効果、更には女性ホルモンの乱れを整えるという効果までもたらしてくれます。

保水力の高いヒアルロン酸は、肌や関節に潤いを与えてくれる事で有名です。
ヒアルロン酸は人体に元々ある成分ですが、加齢とともにその割合は減っていってしまいます。
30代からは急速に失われ始め、60代には乳幼児と比べ、およそ4分の1程の割合にまで減ってしまうのです。
ヒアルロン酸が減少すれば肌の乾燥が進み、シワやシミの原因まで生んでしまいます。

ヒアルロン酸もローヤルゼリーも熊笹も、女性にとって本当に嬉しい成分というわけですね。

4.飲みごたえ野菜青汁と他の青汁との違い

4.1野菜丸ごと入りの青汁

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

飲みごたえ野菜青汁の野菜は皮やヘタ、種に至るまで、野菜を丸ごと使っている事でも有名です。

一般的な青汁であれば、野菜のエキスを抽出し、皮やヘタといった部分は捨てられてしまいます。
しかし飲みごたえ野菜青汁は、野菜をそのまま粉砕して全て粉状にする事で、無駄な部分は出さず、素材の栄養を丸ごと青汁化する事に成功しているのです。

野菜は、皮や根、種といった部位に本来のエネルギーやパワーが備わっている為、最も栄養が詰まっている部分と言われています。
最近では野菜くずを使った高栄養価スープである「ベジブロス」が話題を博していたりしましたよね。

また、素材の栄養価を落とさない為、無駄な洗剤洗浄は行わず、真水による洗浄を行い素材の新鮮さを保つ事にも成功しているようです。
野菜の栄養を丸ごと摂るならば、これ以上の摂取方法は無いかもしれません。

4.2甘くて飲みやすい青汁なんてあり?

飲みごたえ野菜青汁の特徴と言えば、やはりその味にあるのではないでしょうか。
青汁と言えば苦くて不味いもの。そんなイメージがどうしても定着していますよね。

しかし毎日飲むもので、苦い物なんて続けられる気がしません。
飲みごたえ野菜青汁は日本人の口に合いやすいように、抹茶、黒糖、きな粉、米粉といった甘味料を配合し、ほのかな甘さを青汁にプラスしています。

きな粉は甘味成分としての役割だけでなく、元は大豆である事から良質なたんぱく質や鉄、カルシウムといった栄養素がありますし、また黒糖にはミネラルやビタミンといった栄養素が含まれています。
特に黒糖は、一般的な上白糖よりも、カリウムが550倍も含まれている事が分かっており、良質な糖分であると言えるでしょう。

舌触りについては、粉っぽさが気になる人もいたようですが、甘味に関しては飲みやすいという評価を付けていた人が多かったように感じます。
子どもや野菜嫌いの人でも躊躇なく飲める青汁と言えます。

4.3コストパフォーマンスの良さ

飲みごたえ野菜青汁の良さはコストパフォーマンス性にも表れています。

飲みごたえ野菜青汁の1包中の値段は100円前後程。これは青汁の中では大体平均的な値段であると言えます。
例えばコンビニやドラッグストア等で、もっと安い値段で販売されている青汁もありますが、それらは成分や原材料、また産地の表記がどれも不明確である事が大半です。

飲みごたえ野菜青汁は全ての材料を国産収穫、且つ素材が最も美味しくなる時期に収穫しているというこだわりぶり。どれだけ価格の安い青汁でも、安心出来ないと意味がありません。

安心して飲める青汁こそが、コストパフォーマンス性の高い青汁であると言えるでしょう。

5.飲みごたえ野菜青汁はこんな人におススメ

5.1野菜嫌いの子どもや年配の方に

飲みごたえ野菜青汁は特に野菜嫌いや成長期の子どもに、また年配の方にもおすすめの青汁です。

歳を重ねて噛む力が衰えると、全ての栄養を食事だけで摂取する事は難しくなります。
かと言って、サプリメント等の錠剤は飲みづらいという人も多いでしょう。
一日に摂っておきたい栄養がきちんと摂れる青汁ならば、年配の方の健康補助には最適です。

成長期の子どもは、野菜はもちろんの事、カルシウムやミネラルが豊富な魚や海藻類もたくさん摂取する事が推奨されています。

しかし調理のしやすさからか、最近では加工食品やレトルトに加えて肉食が主流となってきています。

飲みごたえ野菜青汁ならば野菜だけでなく、魚類や海藻類といった栄養まで含まれていますので、子どもの成長を補うには大変効果がある栄養飲料です。
甘味もある為、牛乳などで割って飲むと、より飲みやすくなるかと思われます。

5.2妊娠中の女性には強い味方

妊娠中はつわりや食欲不振から食べ物を摂取する事も難しくなり、栄養も偏ってしまいがち。
そんな時にも青汁は有効的なんです。

青汁には胎児の細胞分裂を助けてくれる葉酸、発育を促すヘモグロビンの材料となる鉄、胎児の骨を形成するカルシウム、他に亜鉛やビタミン等、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれています。

「物を口に入れるのもしんどい・・」という時でも、青汁ならば栄養を十分補ってくれます。またヨーグルトやアイスクリーム等、食べやすい物に混ぜると、満腹感も同時に得られます。

更に、妊娠時には便秘になりがちですが、食物繊維の多く含まれている青汁ならば、お通じの改善にも効果が期待できるでしょう。

なお、妊娠時は特に体調の変化も起こりやすく、食べ物にも気を付けなければならない時期です。

飲みごたえ青汁は、妊娠時にも適用できる健康飲料のようですが、万が一の事を考え医師の判断を仰いでから飲むように心掛けて下さい。

5.3不規則な生活の栄養補給は青汁で!

何かと乱れがちな食生活。健康に良い食材が何かを分かってはいても、それを毎日摂るのは大変ですよね。

更に不規則な生活を送っていると、次第に食べる事すらも億劫になってきてしまいます。
栄養が偏ると、栄養素が不足してエネルギーが出ない。
すると栄養価の低い物しか食べられない。そういった負の連鎖がずっと続いてしまいます。

そんな時こそ飲みごたえ野菜青汁!

青汁には肥満や糖尿病、高血圧といった生活習慣病を予防してくれる効果もありますので、不規則な生活の中でもしっかりと健康維持をしたいという人には特におすすめです。

6.飲む際の注意点

6.1青汁の副作用について

健康には良いイメージばかりある青汁ですが、飲み過ぎは禁物です。
青汁を飲み過ぎてしまう事で引き起こされる副作用とは一体何なのでしょうか。

まずは下痢。食物繊維の豊富な青汁は、過剰摂取をしてしまうと下痢を引き起こしかねません。
また、便通が良くなり過ぎると反対に便秘の症状になってしまう事もあります。

特に食物繊維の豊富な飲みごたえ野菜青汁の場合には注意が必要かもしれません。
更に、カリウムの過剰摂取が原因で起こる高カリウム血症に陥ったり、シュウ酸の過剰摂取で尿路結石をも引き起こしかねません。

飲みごたえ野菜青汁ならば、一日2包以下が基本です。
各メーカーにも一日の摂取量は記載されていますので、記載以上の量は摂取しないように心掛けて下さい。

6.2アレルギーのある人は注意!

アレルギー症状は年を追う毎に増加傾向にあるようです。

花粉や食べ物、ダニや動物等、アレルギー症状を引き起こす物質は、私達の身の周りに多々存在します。
アレルギー反応とは、物質の中に含まれているアレルゲン(抗原とも表す)に、身体が過剰反応を起こしてしまう症状を指します。
かゆみや発疹といった症状から、命に関わる危険性もある反応であり、特に大人よりも子どもの方が起こりやすいとも言われています。

これは、幼少期には消化機能が未発達である事から、アレルゲンが上手く分解されない事が原因しているようで、大人になるに従い消化機能も発達し、アレルギー症状も和らいでいく事が多いようです。

飲みごたえ野菜青汁は、青汁の中でも特に原料や成分が多い為、アレルギー症状の自覚がある人は原料記載の確認を怠らないようにしましょう。
また、子どもが青汁を飲む際には、大人がしっかり注視してあげて下さい。

6.3青汁を飲むタイミングって?

青汁の摂取に良いタイミングは存在するのでしょうか。
青汁は医薬品ではないので、好きな時間に自分が摂れる量を飲む、という摂取方でも大丈夫なようです。

しかし目的別に効率良く摂れるタイミングはあるようです。

例えば健康促進の為に青汁を摂りたいのであれば、最もエネルギーが低下している朝に摂取するのが良いのだとか。
身体が空っぽの状態に、高栄養である青汁を入れれば、青汁の栄養が効率良く体の隅々まで吸収されるからです。

また、便通改善には朝食前や、就寝2時間前の摂取が効果的。
食物繊維のたっぷり含まれた青汁を食前や就寝前に摂る事で、腸内環境を整えて便通の改善を図ります。

7.青汁は美容やダイエットに効く?

7.1肌荒れに効果あり!?

青汁は美容にも効果的と言われています。
特に青汁を摂取し始めた人からは、「顔色が良くなった」「頑固なニキビが治った」「肌荒れを起こしにくくなった」等という意見も多く見られました。

身体の免疫細胞は、その内の60%が腸に集中しています。
腸が健康であるならば身体も健康と言える程、腸内環境は大事なんです。

どれだけケアしても中々改善されない慢性的なニキビや肌荒れは、実はこの腸内環境の悪化に原因があるのかもしれません。
腸の中で悪玉菌が増えてしまえば、便通が悪くなるばかりか、免疫力も低下し、血流も悪くなってしまいます。
こうして体内の機能が全面的に低下してしまうと、ホルモンバランスも乱れやくなりますし肌のターンオーバーも上手くはいきません。

腸が健やかならば、肌も健やかになっていくはず!
腸内環境を整える為には、食物繊維やビタミンが豊富な青汁の摂取は抜群と言えるでしょう。

7.2便通改善に効果的

青汁に含まれている食物繊維は、便通改善に効果的。

ですが、そもそも食物繊維には2種類あるという事をご存知ですか?
1つは水溶性食物繊維で、2つ目は不溶性食物繊維と言います。
この2種類の食物繊維は異なる作用をもたらします。

水溶性食物繊維は水に溶ける性質を持った食物繊維であり、機能としては善玉菌の増殖を助け、便を柔らかくし排泄を促してくれます。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、便をかさ増しし、腸の蠕動運動を促します。前者は海藻類や果物に多く含まれ、後者は豆類や穀類等に多く含まれているとされます。

便秘改善には、どちらか一方の食物繊維ばかりを摂り過ぎても意味が無く、種類の偏った摂取は便秘を悪化しかねません。

よく便秘を改善しようとした人に起こりがちな失敗で、偏ったタイプの食物繊維ばかりを摂取し、結果、便秘や下痢の症状に悩んでしまうというケースがあります。

自分の体に本当に必要な栄養というのは、中々把握しづらいものです。
しかし、青汁は栄養バランスを考慮されて作られている健康飲料ですので、偏った栄養に陥るという心配はありません。
健康的に便通改善をしたければ、ぜひ青汁を活用してみて下さい。

7.3ダイエットにも効くの?

青汁ダイエット、という言葉をご存知ですか?

これは極端な食事制限や無理な運動を行わず、ただ青汁を飲むだけというダイエット法のようです。

青汁には食物繊維やカリウム、ビタミンや酵素といったダイエットには欠かせない栄養素が含まれています。食物繊維は便秘を改善してくれる事に加え、摂取後は体内でゆっくり膨らむ性質を持っている事から、食前に摂取すれば満腹感を刺激し、食事量を減らすというダイエット効果になるのだとか。

更にむくみの原因を作るナトリウムを排出してくれるカリウムであったり、代謝を促してくれる酵素がふんだんに入っている青汁はダイエットに効果をもたらしてくれると話題です。

また、青汁は栄養価が大変高い飲料である為、ダイエット時に不足しがちな栄養補給という観点からも効果が望まれます。

これからダイエットを始めたいという人も、現在ダイエットを行っているという人も、青汁飲料でダイエット効果促進を図ってみてはいかがでしょうか。

8.まとめ

8.1青汁療法って一体何?

食事の代わりに青汁を飲む事を「青汁療法」と呼ぶようです。

療法、ともなると、まるで薬のような扱われ方ですね。
青汁は健康飲料として発売当時から非常に人気も高く、その効果は毎日の栄養を補うだけでなく、生活習慣病や、果てはガンまで予防する可能性があると言われています。

ガンになるメカニズムについては未だ明確な事実は判明していませんが、いくつかの原因が考えられています。

例を挙げると、動物性たんぱく質の摂り過ぎ、ナトリウムの過剰摂取、体内でエネルギーが生成される際に生まれる活性酸素の異常発生、等々。
これら全ての問題において、青汁摂取がその予防に繋がります。
活性酸素を抑制する抗酸化物質とは、野菜や果物に多く含まれる、フラボノイドやポリフェノール等がそれにあたります。

また青汁摂取は、体内の免疫力を上げてくれるナチュラルキラー細胞に働きかける効果があるとされています。正に、がん予防には青汁、といった感じですね。

8.2おすすめの飲み方とは?

今回紹介した飲みごたえ野菜青汁は、比較的甘味のある飲みやすい青汁という事でしたが、人によって意見も異なりますし、また他商品の中には少々飲みづらい青汁もあるかと思います。
「良薬は口に苦し」とは言いますが、飲みづらいのは少し難点ですよね。

多くの人が実践している飲み方が牛乳や豆乳で割ってみるというもの。
水で割るよりもコクとまろやかさがプラスされるようです。

またヨーグルトに混ぜてみるのもおすすめです。
青臭さが気になるという人は、柑橘系のグレープフルーツやレモンを絞ってみてもいいかもしれません。
ハチミツやリンゴを入れて甘さを足してみるのもいいでしょう。

今では青汁を使ったレシピもネットで紹介されています。

青汁は飲み続けなければ意味がありません。
「これを混ぜると青汁の成分が壊れてしまうのでは?」といった難しい事はあまり気にせず、自分にとって飲みやすい形にアレンジするのが一番だと思います。

8.3だから飲みごたえ野菜青汁は選ばれている

yjimage

飲みごたえ野菜青汁の人気が高い理由、ご理解いただけたでしょうか。

飲みごたえ野菜青汁は、青汁の中でも特に原料が豊富で、甘味のある飲みやすさ。また女性にも嬉しい成分で、効果の幅が広い青汁なのです。

今回、青汁の効果や効能をたくさんご紹介してきましたが、青汁は飲んで直ぐに効果が出るものではありません。
更に、好転反応(効果が出る前に現れる体の不調)も出る可能性があります。

それらの理由から、摂取を直ぐに止めてしまう人もいるようですが、続ける事が大事と自分に言い聞かせて頑張りましょう。
また、青汁を飲んで不調が緩和されない場合は速やかに医師に相談して下さい。

10年、20年先の健康を考えて、あなたも青汁飲料を日常に取り入れてみませんか?