青汁が苦手な理由に、その味をあげる人が多いですよね?
苦い、青臭いなど、それこそ見ただけでオエッとなっちゃう人もいるくらいですから。

そんな人に朗報なのが、錠剤タイプの青汁です。

これならほとんど青汁の苦みや臭みを感じることなく栄養補給を完了することができます。

ここでは、青汁の錠剤は、どんなメリットやデメリットがあるのかを、その他の青汁タイプである粉末タイプや液体タイプと比較しながら解説していきます。

青汁のタイプ別の正しい知識をえて、青汁の効果を最大限に活かせるようにしましょう。

目次

1.青汁の錠剤だと、苦くないから青汁も苦にならない!?
2.青汁の錠剤はどんなメリットがあるの?
2.1 メリット
2.2 デメリット
3.そもそも青汁のタイプはどこで比較したらいいのだろう?
3.1 まずは味をチェック
3.2 飲みやすさ
3.3 栄養重視
3.4 効果がなければ意味がない
3.5 アレンジしたい派には粉末タイプ
4.錠剤じゃない青汁のタイプは?
4.1 最も栄養価の高い液体タイプ
4.2 粉末タイプが最もメジャー?
4.3 自分にあったタイプを選択
5.錠剤だとしても気をつけた方がいい青汁の問題点
5.1 結局のところ添加物
5.2 錠剤だとなおさら気になる分量
5.3 タイプを何にしたとしても原料が大事
6.青汁の錠剤タイプに向いてる野菜とは
6.1 苦みの王様ケール
6.2 いずれにしろ美味い明日葉
6.3 食物繊維豊富な大麦若葉
6.4 抗酸化作用の桑の葉
6.5 独特な香りのよもぎ
7.青汁のオススメ錠剤は7選!
7.1 ステラの贅沢青汁
7.2 キューサイ粒青汁
7.3 青汁ゴーヤ
7.4 体内美人青汁粒
7.5 酵素青汁111選セサミンプラス
7.6 元気な青汁
7.7 青粒
8.まとめ

1.青汁の錠剤だと、苦くないから青汁も苦にならない!?

8949c5cb

青汁の錠剤って知っていますか?
なんとなく青汁のイメージは、買ってからそのまま飲むドリンク(液体)と、粉を水に溶かしてから飲む(粉末)、2種類のタイプだと思っていませんか?

実際にまだまだ、錠剤タイプの青汁は浸透していないのでこの液体と粉末タイプが主流ではあります。

それではなんで錠剤タイプがあるんでしょうか?
まずは味です。青汁拒絶者の多くが、その味に原因がありますよね。
もしも青汁が美味しければみんな体にはいいと思っているのガブガブと飲んでくれることでしょう。

しかし、そんな問題も錠剤にすることで一気に解決してなんの苦みも臭いもなく青汁を摂取することができるのです。

でも、まだまだ錠剤が流行っていないってことは何か問題があるのかもと思いますよね?

ここでは青汁の錠剤タイプの謎に迫るために、錠剤タイプのメリット、デメリットを紹介しつつ、液体、粉末タイプとの比較や青汁のタイプ選びのコツを紹介していきます。

2.青汁の錠剤はどんなメリットがあるの?

2.1 錠剤青汁を選ぶ3つのメリット

①苦みや臭みからの解放

kale-1713221_960_720

青汁の錠剤の最大のメリットは何といっても味です。
液体や粉末だと結局のところ
青汁本来の苦み、臭みが残ってしまいますが、錠剤にまでしてしまえば、特に気にする必要もなく、ゴクリと飲んでしまって終わりです。

これにより、ケールなどの「苦みはめちゃくちゃ強いんだけど、栄養価はとても高い」といったタイプの野菜原料を敬遠することなく摂取できるようになるので、結果的に栄養価も高くなることが多く、販売会社も液体などの時には敬遠していたケールで錠剤タイプを作っている会社が多く存在しています。

②携帯しやすい

錠剤タイプは、粒がとても小さいものが多く、水なくても飲めるので思い出した時や歩いてる時、電車の中でもどんな時でも錠剤だけ持っていればすぐに水を用意することなく飲むことができます。
そのため面倒くさがりな男性でも簡単に摂取できる青汁になります。

③飲みやすい

サプリメントなども必ず水がないと飲めないと無理という人も別に気にすることなく、水で飲んでも大丈夫です。
お年寄りや子供は喉にひっかかるのが嫌だという人もいるので水でも問題ありません。ただ、小粒に設定している青汁も多くあるので気になる人はそちらをトライするのもオススメです。

2.2 錠剤青汁を選ぶ3つのデメリット

①喉にひっかかる

メリットだけを見てしまうと錠剤タイプの弱点が全く想定できないように思えてきますが、その形状こそがデメリットになってしまう場合が多々あります。

先ほどメリットでもあげたように、薬などの錠剤そのものを飲み込むのが苦手な人です。
そんな人には錠剤タイプは不向きになります。

ただし、青汁の錠剤は、薬などと比べても小さく、かつ喉にひっかかるような素材じゃないのでそれほど気にする必要はないのですが、どうしても苦手意識というものは気になるものですので、そんな人は味には目をつぶって粉末や液体タイプをオススメします。

②添加物を使うことがある

もう1つのデメリットが、添加物を使う場合があるということです。

これは、そもそも錠剤にするということはそれなりの技術が必要になり、そのために添加物を配合して固めるという作業が生まれる場合があります。
そうするとせっかく健康面に気をつかって青汁を飲んでいるのに、余分な添加物まで摂取することになり元も子もないという場合が今まではありました。

しかし最近では技術が進化して、一切添加物を配合せずに、錠剤を作ることが可能になり、多くの錠剤タイプの青汁で無添加で製造されています。
そのため今はそれほど気にしなくていいデメリット面かもしれませんが、まだまだ添加物配合のものはあるので気になる人はしっかりとパッケージなどをチェックしましょう。

③錠剤を飲む回数が多いことがある、面倒くさい

液体や粉末タイプと同じくらいの栄養価を摂ろうとすると1日に20〜30錠くらい飲まなければならないといわれています。
かかるお金自体はほとんど変わりませんが、30粒を飲むのって結構大変ですよね。

そのため、結局面倒くさがりの人には敬遠される傾向もありましたが、最近ようやく10錠以内で、液体や粉末タイプと同等の栄養価を得ることができるようになってきています。

3.そもそも青汁のタイプはどこで比較したらいいのだろう?

3.1 まずは味をチェック

青汁 サプリ

まず青汁を飲む上で大事なのが、「味」ですよね。
どんな食品でも同じですが、美味しいと思えなくては、飲み続けることもできませんし、
青汁は飲み続けることが大事な食品ですのでそういった意味では錠剤は最もベストなタイプではないでしょうか。

また、青汁の場合には特にケールが最強の野菜なんですが、とても苦くて不味いんです。
そのせいで飲まなくなったり、最初から敬遠されたりしています。

しかし、錠剤にすることで一気にこの味は解消できるポイントとなります。
味に敏感な人は、錠剤がオススメです。

3.2 形状それぞれの飲みやすさで選ぼう

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

次にあげるのが、「飲みやすさ」です。

飲みやすさというと味と勘違いされがちですが、ここで言う、飲みやすさは、青汁の形状によるものです。先ほどからあげてるように大きく分けて、液体タイプ、粉末タイプ、錠剤タイプです

これらのタイプは当然、タイプごとに味や効果、栄養面など異なってきますし、単純に簡単に飲めるのか、時間がかからないのかという問題もいろいろとでてきます。
この飲みやすさも青汁を飲み続けていくことを考えるととても重要なポイントになってきますので、自分自身に最もあった飲みやすさを考えてから、青汁のタイプを選ぶのもとても大事なことです。

3.3 重視したい栄養分で選ぶ

青汁の注目すべきポイントとして、何と言っても栄養面です。
青汁によって、その栄養素の量は、
ビタミンなのか、ミネラルなのか、食物繊維なのか、それぞれ異なってきます。

特別に欲しい栄養素があったり、普段食事で摂れてない栄養素が欲しいなどという目的がはっきりしていれば、目的の栄養素が多く入っている青汁を探せば良いでしょう。

青汁の効果と栄養素は密接にリンクしていますので、効果を期待するために必要な栄養素の知識があるのであれば、青汁のタイプは気にせずにそちらで選べば良いでしょう。

野菜の王様ケールが一番多くの栄養素を期待できますが、どうしても苦みの問題でなかなか粉末や液体タイプには入っていない場合もありますのでケールを摂取するのであれば錠剤タイプがオススメです。

3.4 効果がなければ意味がない

青汁に、便秘解消、美肌、ダイエットなどの効果を期待してるのであれば、目的とする効果が記載されている青汁を探すのが大事です。

効果については、錠剤や粉末タイプは液体タイプと比べると少し劣る場合があります。
それは新鮮さや酵素の活性力の差で生まれるものであり、効果をメインに考えるのであれば液体タイプがオススメになります。

ただし法律上、記載できることとできないことがあるため、効果については入っている栄養素から判断するか、本記事のようなインターネットの記事や口コミから判断するようにしましょう。

多くの場合、栄養素と効果はリンクしますので、この機会にいろいろな栄養的な知識も身につけましょう。

3.5 アレンジしたい派には粉末タイプ

液体や粉末タイプでもアレンジをちゃんとすれば、苦みや臭みを解消することはできます。

例えば、味が苦手なものでも、牛乳や豆乳などを混ぜることで、抹茶風味になる場合もありますし、苦味が消える場合もあります。

そうなれば、栄養素や効果メインに青汁を選ぶことができます。逆に味がどうしても優先したいのであれば、他の食事や他の青汁と一緒に併用することで足りない栄養素などを補充することもできます。

4.錠剤じゃない青汁のタイプは?

4.1 最も栄養価の高い液体タイプ

top-view-1248949_960_720

液体タイプの青汁は主に、飲料水などの売り場に置かれています。
こちらのメリットは、作る過程でいろいろな工程を踏んでいないために、
製造工程による栄養価の破壊が起きておらず、栄養素がそのまま残ります。

一方で、デメリットとしては、ケールなどの独特の苦味や匂いにクセがあるため、苦手な人には飲みにくいところです。

毎日飲むことが大事なのが青汁ですので、液体タイプの青汁は少しハードルが高くなってしまうかもしれません。その場合には錠剤や粉末タイプをオススメします。

その他にも液体タイプの場合には冷凍して保存しておくことが多いため、解凍に時間がかかり、飲むのが面倒くさくなることがあることです。

これは青汁を飲むことが続かないことにつなが流ので、こういった方にも錠剤や粉末タイプなどをオススメします。

4.2 粉末タイプが最もメジャー?

粉末タイプは一般的には一番飲みやすいといわれています。

製造工程は、青汁を製造した会社ごとに少しずつ違いますが、基本的には、野菜を乾燥させて粉末にしているのは一緒です。それを水に溶かして飲むことになります。

ビタミンCなどは熱に弱く、乾燥させる際に高温だと失活してしまうため、低温のまま乾燥させる”スプレードライ製法”を用います。

パッケージにスプレードライ製法と記載されていれば、より栄養素が豊富に生き残っていることになるのでそちらをオススメします。

もしくは、フリーズドライタイプというのもあり、最近流行っているタイプで新鮮な青汁を急速に凍結させて、真空状態で乾燥させることで作った粉末タイプです。

どちらも持ち運びが便利でありながら、高温処理をしていないのでビタミン類が壊されていないメリットがあり、栄養価も当然高くなります。

ただし、食物繊維が残存しやすいために喉越しが悪くなる可能性があったり、結局のところ水に溶かした後に、苦みや臭みが出ないわけではないので完全に味をシャットアウトしたいなら錠剤タイプをオススメします。

4.3 自分にあったタイプを選択

苦いのが嫌なら粉末か錠剤タイプにする、面倒くさい飲み方が嫌なら錠剤タイプや液体タイプはやめて、粉末タイプにするなど臨機応変に自分の青汁へのアプローチの仕方を決めることが先決でしょう。

なぜなら青汁は長く飲むことが大事な商品なのですから。

以前は、液体タイプじゃないと栄養が入ってないと思われていたのですが、現在は技術の進化により粉末タイプでも十分に栄養価が高くなっており、自分にあった青汁を選択すれば、どれも同じだけの栄養価を獲得できます。

5.錠剤だとしても気をつけた方がいい青汁の問題点

5.1 結局のところ添加物

%e6%82%a9%e3%82%80

青汁で栄養を得るための選び方のまず1つ目は、合成添加物などの余計なものが入ってないものを選ぶことが大事です。
1杯の青汁の中にもできるだけ栄養価の高いものを摂り入れるようにしましょう。

最近の青汁では、飲みやすさを追求するあまり、砂糖を入れて飲みやすくしている場合があります。

それ以外にも甘味料を入れていたりするので購入する際には余計なものが配合していないかをチェックすることが望ましいでしょう。

5.2 錠剤だとなおさら気になる分量

結構大切なのが、青汁の量です。

これは単純に1袋あたりや、1錠剤あたりの青汁の量が多い方が良いということです。
狙っている成分が、それだけ多く体の中に入ってくるということになるので1回あたりの量が多い方が良いのは当たり前のことです。

粉末などでは、通常は3gくらいのものが多いのですが、多いものでは10gのものもあったりしますので量は必ずチェックしましょう。その量に対しての値段で、得か損かは判断すれば良いのです。

気をつけなければならないのは、ちゃんとした野菜が入っているかです。
ただ単に数値が高くても余分なものが入っていたら、その余計な添加物などを多く摂取してしまうので意味がありません。注意して内容物をチェックしましょう。

5.3 タイプを何にしたとしても原料や処理が大事

錠剤だろうと、粉末だろう、液体だろうと、結局のところ大事なのは、入っている野菜です!

まず重要なのは、ケール、大麦若葉、明日葉という、青汁の三大原料が入っているかをチェックすることです。

これらの野菜は青汁で栄養を得るには欠かせないので、これらが1つでも欠けてる場合にはそれ以外で補えているかをしっかりとチェックすることが大事です。

特にこの三大原料は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養価が高く、豊富に含んでいるので、栄養を得るには、まずは基本です。

さらにこの原料を非加熱処理しているかも大事です。

先にも述べましたが現在はいろいろな製法により、栄養が壊れずに処理するようになってきていますが、それでもしていないものもあるので、なるべく非加熱処理を施しているものを選びましょう。

6.青汁の錠剤タイプに向いてる野菜とは

6.1 苦みの王様ケール

green-juice-769129_960_720

青汁の野菜の先陣を切るのは”野菜の王様”といわれるケールです。

野菜の中でもダントツで栄養価が高く、多くの成分において他の野菜よりも優位に含んでいます。
グリーンスムージー、コールドプレスなどの健康商品でも大活躍で、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった必要な栄養素がふんだんに含まれています。

このケールはブロッコリーやキャベツが原種といわれておりますが、味は王様としてのクセの強さがでしゃばっており、とても苦味や青臭さがあり、そのまま食べるには向いていません。

当然、青汁にしても苦みや臭みがキツく、苦手な人は入っていないものを選んだ方が無難です。

それでも栄養価だけを考えれば捨てきれないのが王様ケールで、先にあげた成分以外にもβ-カロテンやクロロフィルなどの色素成分を含んでいたり、メラトニンを含むことで、眠気を誘ったり、質の良い睡眠に導いてくれる可能性があります。

6.2 いずれにしろ美味い明日葉

明日葉は、ケール、大麦若葉と並び青汁三大原料野菜と呼ばれていますが、この3つの中でも一番パワーのない野菜です。つまり王様ケールや大麦若葉と比べると栄養価では若干劣ってしまいます。

しかし、この明日葉は、飲みごごちがいいことが重要であり、それにも関わらずナンバー3の地位にいるというすごさなのです。

また、美味しさだけではなく、ビタミンやミネラルの種類などによってはケールよりも多く含んでおり、青汁のベースの野菜として重宝されています。青汁は継続して飲むことが大事なので、とても希少な野菜です。
さらに黄金のポリフェノールと呼ばれる
”カルコン”が含まれており、脂肪燃焼などにより痩せるためには大切な効果をえる可能性があります。

6.3 食物繊維豊富な大麦若葉

大麦若葉は王様ケールと違い、青汁の原料として大人気の野菜です。

特徴としては、ケールとは異なり葉野菜独特の臭みや苦味も少なく、子供も飲みやすいのです。明日葉に比べれば勝てませんが、栄養素は豊富なので、青汁のベースとしては、最も重宝されている野菜になります。

ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素をしっかり含み、糖質、タンパク質、脂質などの三大栄養素も含んでいます。
栄養補給だけでなく、さらに
クロロフィルにより抗酸化作用が強かったり、SOD酵素による活性酸素の除去も期待できることで、健康維持、体質改善にも最適な青汁成分であると考えられています。

6.4 抗酸化作用の桑の葉

桑の葉は、ポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用が期待できます。
あまり、青汁の原料として馴染みがありませんが、ベースとなっていないだけで、いろいろな青汁に配合されています。

美肌効果やアンチエイジングへの効果が期待がされたり、血糖値を抑える効果が期待できたりとその効果は豊富です。

もちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいることも知られており、中でもカルシウム、鉄、カロテンなどが、他の緑黄色野菜よりも豊富に含んでいます。

6.5 独特な香りのよもぎ

よもぎは、繁殖力が強いので日本ではいたるとこで目にする植物です。
また、多くの青汁の原料が臭いのに対して、このよもぎは、独特の香りを提供してくれる成分になります。
日本の食卓でもいろいろな風味を提供していますが、青汁にもプラスの要素を提供します。

漢方においても幅広く利用されており、成分も、ビタミンやミネラルが豊富に含んでいます。

特に多く含まれるβ-カロテンは体内でビタミンAに変換され、目の働きを助けたり、皮膚や粘膜の調子を整えてくれます。その他にも葉緑素により、ヘモグロビンの生成を助けて、貧血の予防・改善にも役立ちます。

7.青汁のオススメ錠剤は7選!

5dd1e3deab2aafcff9d0af0daa793fe0_l

7.1 ステラの贅沢青汁

”ステラの贅沢青汁”は、安心の国内産のケール、クロレラ、長命草のみで作られた青汁です。

着色料や保存料を一切使っておらず、クロレラの粘りだけで固めているので安全性が高く、子供でも安心して飲めると評判です。

クロレラの食物繊維、17種のビタミン、18種のアミノ酸と、緑黄色野菜の王様ケールの豊富な栄養素、ポリフェノールの含有量No.1の呼び声高い長命草が、生活習慣の見直しやバランスの取れた食生活を目的とした方にオススメの青汁です。

栄養補給や美肌効果などの一般的な青汁効果だけでなく、添加物を一切使っていないことや、メラトニンにより快眠効果、クロレラによる生活習慣病予防などの効果により、まさに子供からお年寄りまで日々の食生活のバランスを整えるのに最適です。

7.2 キューサイ粒青汁

”キューサイ粒青汁”の特徴はその主成分です。

農薬・化学肥料を一切使わずに栽培された国産の野菜の王様ケールの栄養を、そのまま粒に凝縮していることで、なんと30粒で、生野菜100gに相当しています。
毎日野菜は摂りたいけれど、青汁はちょっと苦手という人でも粒タイプなら美味しく食べられるタイプになります。

苗を植え付けてから収穫されるまでは、すべて露地栽培であり、化学肥料に頼らない土づくり、手作業による虫取りなど、安心して食べられるケールづくりのために、気の遠くなるような手間暇をかけて生産者の愛情が注がれています。

キューサイ分析研究所にて飛散農薬の影響なども徹底的にチェックを行なっており、加工段階で多段階検査システムを行なっていますので、安全性について青汁の中でもNo.1といってもいいのではないでしょうか。

7.3 青汁ゴーヤ

”青汁ゴーヤ”は、”極の青汁”でも有名なサントリーの錠剤タイプの青汁です。

青汁独特の風味が苦手という方にも大好評です。多彩な栄養を含む熊本県阿蘇など国産の大麦若葉をベースに、スタミナ野菜で知られる沖縄産ゴーヤを加えることでより一層の栄養素を含んだ青汁に仕上げています。
2つの“野菜力”を凝縮しつつ、フラクトオリゴ糖と抹茶を加え、美味しく食べやすい、錠剤タイプの青汁に仕上げられています。

大麦若葉の麦の穂を出す前の元気な若葉には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの多彩な栄養が蓄えられており、青汁にはもってこいのベースですし、沖縄産のゴーヤをまるごと贅沢に使用しており、ふだん食材として使う実はもちろんのこと、健康成分が蓄えられている種やワタからもエキスをしっかり抽出しています。

7.4 体内美人青汁粒

”体内美人青汁粒”は、混ぜ物まったくなしで飲みにくいと評判のケールの青汁粉末を固めることに成功している数少ない錠剤タイプの青汁です。

ケールベースで添加物なども入っていないので、野菜不足で偏食のある方、手軽に健康管理したい方、美容と健康を気にしている方、仕事で野菜を摂ってる暇のない方、子供、妊婦さんなど幅広く野菜摂取に適しています。

ケールは液体などではその苦みや臭みで敬遠されていますが、栄養価、栄養のバランスのよさは緑黄色野菜の中でももっとも優れていると考えられ、ギリシャ、ローマなど南ヨーロッパでは紀元前から自生し、植物として使われていたといわれるほどの野菜です。
この錠剤タイプであれば、弱点を克服しているので存分にケールの良さを引き出すことができます。

7.5 酵素青汁111選セサミンプラス

”酵素青汁111選セサミンプラス”は、7種類の栄養素を取り入れており、3年連続モンド・セレクション金賞受賞の優れた栄養的な青汁です。

ポリフェノールやアミノ酸の宝庫であるモリンガ111種類の酵素エキス、野菜の王様ケール、80種類以上の栄養素を含んでいるスーパーフードの王様であるスピルリナ、長命草、明日葉、日本山人参を配合しており、粒タイプの青汁としての栄養素は群を抜いています。

その他にも、ダイエットやデトッックス効果を期待したい女性にもオススメの配合率です。
また、
モンドセレクション金賞を受賞していることから、味・衛生面の安全性もありますし、記載事項の信憑性も安心です。また、本製品はセサミンプラスなので、セサミンのもつ抗酸化作用が肌のターンオーバーの促進や老化防止も期待したい所です。

7.6 元気な青汁

”元気な青汁”は、愛媛県の契約農家で有機栽培されたケールだけを使っており、ケール以外の原材料は一切使っておらず、無添加無農薬にこだわりの安心安全さとケールによる豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維のパワーを閉じ込めています。

冬に育つケールを使っており、冬に育つケールは暖かい季節に育つよりも成長がゆっくりなので、栄養や甘みをじっくり貯めこみ、葉の色も濃くなるといわれています。
さらに、冬の寒さに耐えようとする葉は、夏場に育つよりも丈夫になり、冬季限定で栽培されたケールを遠赤外線乾燥させて元気な青汁にしています。

この方法により高温で一気に乾燥させるのではなく、低温でジワジワと乾燥させることで、風味が良くなったり、ケールのギャバの量が増えるといわれています。

7.7 青粒

”青粒”は、モロヘイヤを配合した青汁で、モロヘイヤは、エジプトでは王様の野菜といわれたり、クレオパトラに愛された野菜と呼ばれたりしています。

モロヘイヤは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれており、腸内環境の改善や便秘解消にとても効果的なバランスになっています。

一方、ヌルヌル成分であるムチンによりオクラなどのように胃腸の中の粘膜保護作用などもあります。また、このモロヘイヤも安心安全の国内産かつ農薬不使用を徹底しています。
さらにナチュラルリーフ製法により、自然の風味をそのまま残して栽培しています。

少し変わった青汁で効果をえたい方にオススメな錠剤青汁です。特に食物繊維を摂取して腸内環境を改善したい方にオススメなタイプです。

8.まとめ

%e5%85%83%e6%b0%97

いかがでしたでしょうか。青汁のタイプは、ただ単に飲みやすさだけで選んでる人もいますが、せっかく青汁を飲んでいるのですから、そんな短絡的な理由だけで青汁のタイプを決めてはあまり賢くありません。

もちろん、錠剤タイプの場合には、味が原因で選んだり、手軽に持ち運びできていつでも飲めるから選ぶのは一向に構いません。

しかし、これからは、青汁について少し知識を得たのですから、デメリットを少し改良することで、例えば、味なら牛乳と混ぜることで解決したり、期待してる効果が重要なら、しっかりとパッケージをみて必要なビタミンなどを探して青汁を選ぶなど、いろいろな工夫をして青汁を選んでみてはどうでしょうか。

ぜひ、ここで得た知識をもとに、賢く青汁の力を引き出してみましょう!