女性の多くが悩んでいる便秘は、健康と美容の大敵です。
最近ではストレスや過食、不規則な生活など現代人特有の習慣で、女性でなくとも便秘に悩む人は多くなっています。

便秘の解消には食物繊維を摂取するのが効果的で、手軽に取り入れるには青汁を飲むのがおすすめ。

青汁は原料が食物繊維たっぷりの野菜のため、野菜を食べるよりも簡単に摂取できてしまいます。

そこで今回は、人気の青汁やその効果に着目し、食物繊維のもたらすメリットと効果を紹介していきます。青汁で効率よく食物繊維を摂取し、肌トラブルや便秘を予防しましょう。

目次

1 青汁の食物繊維は1つじゃないの?
1-1 青汁が食物繊維豊富なワケ
1-2 1つ目の食物繊維は「水溶性」?
1-3  2つ目は「不溶性」?

2 便秘だけじゃない!嬉しい3つの効果
2-1 便秘解消までは1週間
2-2 血糖値の上昇もコントロール
2-3 満腹中枢を刺激する

3 こんなにあった!青汁がもたらすその他のメリット
3-1 大病のリスクを減らす
3-2  女性必見のダイエット効果
3-3 ニキビにサヨナラ!美容効果

4 青汁の食物繊維で便秘になるってホント?
4-1 食物繊維は便秘解消のカギ
4-2 青汁で便秘になることも…
4-3 便秘の原因、本当に青汁ですか?

5 便秘にならずに青汁を飲む3つの方法
5-1 食物繊維のバランスがカギ?
5-2 不溶性食物繊維は少なめに
5-3 効果的に青汁を飲む方法

6 青汁で1日分の食物繊維は補える?
6-1 知っておきたい食物繊維の含有量
6-2 青汁で効率のいい摂取方法

7 1番食物繊維の多い青汁はコレだ!
7-1 ランキング1位:おいしい大麦若葉:食物繊維1.64グラム
7-2 ランキング2位:青汁のめぐり(ヤクルト):食物繊維1.6グラム
7-3 ランキング3位:はちみつ青汁(キューサイ):食物繊維1.3グラム

8 まとめ

青汁の食物繊維は1つじゃないの?

9v9a6008_tp_v

青汁には、豊富な食物繊維が含まれています。

では、何種類の食物繊維が含まれているか知っていますか?

...というと「食物繊維に種類なんてあるの?」と驚きますよね?
実は食物繊維は1種類だけではないので、それについて知っておくことが大切です。

青汁が食物繊維豊富なワケ

hira92_kyabetu_tp_v

青汁の原料は緑の野菜です。

緑という中でも色の濃いもので、モロヘイヤやほうれん草、ケールに小松菜と、沢山の種類が使われているんですよ。

これらの野菜には食物繊維が豊富に含まれており、料理に使ってももちろん摂取することができます。
ですが、青汁は野菜の成分を凝縮し、これらの野菜をブレンドしてあるものが多いため、さらに多くの食物繊維を摂取することができるのです。

1つ目の食物繊維は「水溶性」?

tsuruno4_tp_v

青汁に含まれている食物繊維は、実は2種類存在しています。

1つ目は「水溶性」。名前だけのイメージでもなんとなく水に溶けやすそうなイメージですよね?

水溶性食物繊維は果物やこんにゃく、海藻類などにも含まれており、普段よく口にしている食物から摂取できるものです。

水溶性食物繊維は腸内の環境を整えてくれる効果があり、善玉菌の餌となってくれるもの。つまり、便秘の改善にも役立っていると言えるのです。

2つ目は「不溶性」?

ver88_sumafonayamu15150207_tp_v

もう1つ「不溶性」の食物繊維も存在します。

不溶性食物繊維は水に溶けにくい性質があり、野菜や豆類に含まれていることの多い成分。
水に溶けないということは、たいして役に立たないのでは?と思うかもしれませんが、水に溶けないことで便のかさを増すという役割があります。

かさを増すことで腸のぜんどう運動が活発になり、ますます腸内のリズムがとれるようになるのです。
つまり、水溶性と不溶性の効果が合わさることで、便秘の改善につながるのです。

便秘だけじゃない!嬉しい3つの効果

食物繊維は、便秘改善に役立つだけではありません。他にも効果があるとしたら驚きますよね?
食物繊維の摂取=便秘改善というイメージはありますが、実は他にも嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

便秘解消までは1週間

me_biz20160902572415_tp_v

食物繊維を青汁で摂取した場合、効果が感じられるのはおよそ1週間ほどです。

便秘改善のために、食物繊維が多く含まれている野菜を積極的に取ったとしても、これほど早く効果が出ることはなさそうですよね。

しかし青汁は、毎日習慣づけることで沢山の食物繊維が腸に働きかけ、1週間ほどで効果をもたらしてくれるのです。今現在、重い便秘に悩んでいる方には朗報と言えるでしょう。

血糖値の上昇もコントロール

150711419006_tp_v

水溶性の食物繊維には、血中コレステロールを取り込んで体外に押し出す効果があります。

今の自分の食生活を振り返ってみてください。
脂っこいものが多かったり、ファストフードや高カロリーなものが多くなっていませんか?

こうした食物から摂取されたコレステロールは、そのまま血管に運ばれて吸収されるのが一般的です。

しかし、水溶性の食物繊維はコレステロールを取り込み、吸収される前に外に出すというパワーを持っているため、血糖値を下げる働きもしてくれるのです。

高コレステロールは血液の流れを悪くし、血管を詰まらせやすくしますが、水溶性食物繊維の働きで改善できると言えるでしょう。

満腹中枢を刺激する

yuka863_uresiina15202157_tp_v

不溶性食物繊維には、満腹中枢を刺激するという効果があります。

体重が増加した原因は、気づかないうちに食べすぎていることが原因の場合もありますよね?
例えばバイキングでは全く味の違うメニューが豊富で、ついついたくさん食べてしまいませんか?
最近は味の濃いスナック菓子も多く、知らないうちに食べすぎることもあります。

水に溶けにくい不溶性食物繊維は水分を吸うと膨張するため、満腹感を早く感じやすくなります。必然的に食べすぎも押さえられるので、食欲を正常に戻すことができるのです。

こんなにあった!青汁がもたらすその他のメリット

食物繊維は便秘に効果的ですが、便秘に効くだけではありません。
お肌の調子や病気、美容に効果があるので、隠れた魅力をご紹介します。

大病のリスクを減らす

yk0i9a6212_tp_v

青汁に含まれている水溶性食物繊維は、血中のコレステロールを体外に押し出しますが、これが動脈硬化などの大きな病を軽減することは上記で紹介しました。

でも、青汁だからこそのメリットも含まれているのをご存知ですか?

例えば、青汁に含まれているβカロテンはがんの予防に効果をもたらすため、重大な病を避けるには青汁が最適と言えるでしょう。
命に係わる病の改善にも役立つため、食物繊維やβカロテンを摂取するなら青汁が最も効率がいいのです。

女性必見のダイエット効果

青汁に含まれている食物繊維は便秘の改善に役立つため、腸内環境を整えたりデトックス効果をもたらします。
これだけでも体内環境が改善されますが、青汁に含まれている野菜成分・カリウムがスリムな体作りも助けてくれます。

野菜に含まれるカリウムはむくみを予防する働きがあるため、青汁を飲むことでむくみにくく、便秘で余分な毒素も貯めない効果があると言えるでしょう。
また糖質の吸収が穏やかになるため太りにくい体も手に入るのです。

ニキビにサヨナラ!美容効果

cri_img_6003_tp_v

青汁を飲むことで、肌トラブルであるニキビ改善も可能です。野菜には、

・美白効果とニキビ跡を消すビタミンC
・皮膚を健康に保つβカロテン
・アンチエイジング効果のあるビタミンE

が含まれており、青汁を飲むことでこれらを効率よく摂取することができます。美肌を手に入れたい方には最適なのです。

青汁の食物繊維で便秘になるってホント?

ozp85_yabeeonakaitai_tp_v

青汁の食物繊維が体にいい働きをするのは事実ですが、口コミや愛飲者の感想の中には「便秘になった」というものも多くあります。便秘に効果のある青汁で逆に便秘になるなんて、信じられませんよね?

食物繊維の種類による特徴を知れば、この不思議な現象に悩まされることはありません。

食物繊維は便秘解消のカギ

pasonaz160306170i9a2357_tp_v

食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、この両方をバランスよく摂取することで便秘の改善につなげられます。
多くの人が認識しているように、便秘には食物繊維が効果的で、積極的に取りれれば効果をもたらしてくれるのです。

青汁は食物繊維の含まれる野菜を数種類使用しているため、普通に野菜を食べるよりは効果を感じさせてくれるでしょう。
つまり、便秘解消に青汁を使用することは間違っていないのです。

青汁で便秘になることも…

ところが、青汁を飲んで便秘になることはまれにあります。
効果があるはずなのになぜ?と思いますが、これは不溶性食物繊維に偏って摂取してしまったことが原因です。

不溶性はかさを増す役割はありますが、水溶性のように腸内をスムーズに移動する滑らかさは持っていません。
そのため、不溶性ばかりを摂取するとかさが増しただけの出にくい状態になるのです。

逆に、水溶性食物繊維に偏って摂取すると、かさが少ないのに滑らかになり過ぎてお腹を壊すことになります。

便秘の原因、本当に青汁ですか?

tsuch160130150i9a6583_tp_v

便秘になった場合、原因は青汁ではないことも多々あります。

例えば、便秘改善のために食物繊維を意識している方が、青汁を飲んだとしますよね?
食物繊維に種類があることやそれぞれ違った性質を持っていると知っている方は少ないかと思うので、おそらくはキャベツやゴボウなどの野菜から食物繊維を摂取すると思います。

野菜に含まれているのは多くが不溶性であり、これに青汁の食物繊維が加わって不溶性過多になったことが考えられます。

また、水分摂取を意識していなければ水分が不足して便秘になりやすいため、原因はいろいろ。青汁が原因とは言い切れないのです。

便秘にならずに青汁を飲む3つの方法

青汁は、ただ飲めばよいというわけではありません。
飲み過ぎは便秘を引き起こしたりお腹を壊したりするため、気を付けて摂取していくことが大切です。

食物繊維のバランスがカギ?

yk0i9a6236_tp_v

食物繊維を摂取する場合、水溶性2に対して不溶性1を摂取することが望ましいとされています。

滑りをよくする水溶性よりも、かさを増す不溶性の方が少なくなるのがベストなので、このバランスを意識して食生活を変えていきましょう。

海藻類を100グラム摂ったら野菜類は50グラム摂るという比率で、偏らないようにしていきます。
食物繊維が含まれている食品であれば何でもいいというわけではないため、単純に食物繊維の量だけを見るのではなく、2種類のうちどちらなのかを見極めることが大切です。

不溶性食物繊維は少なめに

青汁の食物繊維を便秘改善のために取り入れたい方は、不溶性食物繊維を少なめにすることが大切です。

食物繊維と聞くとキャベツなどの野菜が思い浮かびますよね?
確かに多く含まれている野菜ですが、キャベツには不溶性食物繊維の方が多く含まれています。

キャベツ中心の生活をすれば水溶性が不足して逆効果を招きますので、偏らないようにしていきましょう。
偏りが気になる方には、どちらの食物繊維もバランスよく含まれている青汁を飲むことをおすすめします。

効果的に青汁を飲む方法

青汁のもつ効果をさらに引き出すには、効果的な飲み方をするのがおすすめ。

正直、青汁って美味しいイメージはないので、毎日の生活に取り入れるのは抵抗がある方もいるのでは?
そんな方は、以下の飲み方を試してみてください。

青汁と合わせるもの 飲みやすさ どんな効果があるか
ヨーグルト★★★☆☆乳酸菌のパワーも得られる
豆乳★★★★★投入のオリゴ糖が腸にイイ
ハチミツ★★☆☆☆ハチミツが善玉菌を増殖させる

飲みやすさがアップするほか、腸内環境に最適な効果も持っているのでさらに効果的に飲むことができます。

青汁で1日分の食物繊維は補える?

青汁には食物繊維が含まれているのはわかりましたが、1日に必要な摂取量をカバーすることも大切です。
必要な量と青汁から摂取できる量を把握しておきましょう。

1日に必要なのはこのくらい!

sawa_ebisarada_tp_v

私たちに必要な食物繊維は、1000キロカロリーに対して10グラムと言われています。

それってどのくらいなの?と思いますが、成人の場合は1日に必要なカロリーは1800~2200キロカロリーほどなので、食物繊維は18グラム~22グラム必要ということです。

野菜にはこの必要量のうち、10分の1ほどしか含まれていないので、積極的にとってもなかなか達成することが難しいのです。

知っておきたい食物繊維の含有量

では青汁にはどのくらいの食物繊維が含まれているのかというと、1グラムが平均的。

必要な量を全くカバーできてない!と思うかもしれませんが、これは食物繊維に限った話ではありません。

例えば、青汁を飲めば1日に必要な野菜を摂ることができるか?というと、答えはNO。
あくまでもサポートですので、青汁だけで済ますのではなく、普段の生活の一部として取り入れることが望ましいのです。

青汁で効率のいい摂取方法

青汁にはごくわずかな食物繊維しか含まれていませんが、効率よく摂取するには「量」と「タイミング」が大切です。

1日に必要な食物繊維18~22グラムをキャベツから摂取する場合、100グラム食べてもわずか1.8~2グラムほど。つまり1キロは食べなければなりませんよね?
ですが青汁ならコップ1杯で数グラムカバーできるのです。

タイミング的には朝起きてすぐが効果的。
栄養を吸収しやすい時間帯に飲むからこそ、効率よく体に行き渡るのです。

1番食物繊維の多い青汁はコレだ!

yuka0i9a7452_tp_v

最も多く食物繊維を含んでいる青汁って、どんなものだと思いますか?

今回、楽天の青汁部門で最もレビュー数の多い10商品(食物繊維の成分量記載のもののみ)の中から、食物繊維が1番多く含まれている青汁を紹介してみます。

ランキング1位:おいしい大麦若葉:食物繊維1.64グラム

1袋あたり1.64グラムの食物繊維が含まれている、おいしい大麦若葉が最も多いという結果になりました。1日の目安は1~2袋ですので、1日に3.28グラムをカバーすることができます。バランスのいい食事に組み合わせればますます効果的に摂取できますね。

ランキング2位:青汁のめぐり(ヤクルト):食物繊維1.6グラム

ネームバリューのあるヤクルトから販売されている青汁「青汁のめぐり」には、1袋あたり1.6グラムが含まれていました。1日2袋が目安となっていますので、こちらも1日3グラム以上を摂取することができます。

ランキング3位:はちみつ青汁(キューサイ):食物繊維1.3グラム

青汁と言えば名前の挙がるメーカー・キューサイの青汁も、1日分あたり1.3グラムの食物繊維を含んでいます。はちみつも含まれているので味わいもまろやかで取り入れやすいと言えるでしょう。

まとめ

青汁に含まれている食物繊維は、便秘改善に非常に効果が高くなっています。

飲み始めてからわずか1週間で効果を感じられると思いますので、便秘に悩んでいる方や腸内環境を整えたい方は積極的に摂取していきましょう。

また、生活習慣として青汁を取り入れることで、大きな病の予防・美容効果・ダイエットと嬉しい効果ももたらします。
野菜不足になっている現状のサポートにもなりますので、健康的な体作りに役立ててみてくださいね。